スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都女子大名誉教授 山川瑞明氏死去(産経新聞)

 山川瑞明氏(やまかわ・たまあき=京都女子大名誉教授、英文学)14日、肺炎のため死去、84歳。自宅は京都市上京区竪富田町423の206。葬儀・告別式は近親者で執り行った。喪主は妻、恭子(やすこ)さん。

未納保育料と相殺可能に=子ども手当で市長会決議(時事通信)
元事務長、二審も無期=岐阜一家6人殺傷-名古屋高裁(時事通信)
“エロ面白い”女子にウケる「昭和のエロス」(産経新聞)
小沢氏「隠し立てするものない」…記者会見(読売新聞)
「異性関係ばらす」と女性脅す=町課長補佐、容疑で逮捕-和歌山県警(時事通信)
スポンサーサイト

桜開花、平年より早め=ウェザーマップ、初の発表(時事通信)

 民間気象会社ウェザーマップ(東京都港区)は25日、桜(ソメイヨシノ)の開花予想を初めて発表した。東・西日本で平年より早い地点が多く、東京は3月24日ごろ、大阪は同27日ごろとしている。
 今年から、気象庁が桜の開花予想の発表を中止。民間会社の全国規模の開花予想は、既に2社が参入しており、同社で3社目となる。
 同社によると、昨年末から1月半ばの冷え込みで花芽がスムーズに休眠から覚め、2月から3月にかけて気温が平年より高い日が多くなるため、花芽が成長しやすいという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ウェザーフォト・気象の写真
「大寒」でも春の陽気=沖縄は夏日
年中楽しめるサクラ開発=開花に冬の寒さ要らず
北半球中緯度域、異常低温に=寒気の流れ込みで
都心で初雪観測=気象庁

看護師の業務範囲拡大の要件で議論(医療介護CBニュース)
<本屋大賞>候補に「1Q84」や「横道世之介」(毎日新聞)
総務相、名古屋市の住基ネット離脱に反対(読売新聞)
ハイチ大地震の被災者に千羽鶴を ミクシィで広がる支援の輪(産経新聞)
<小沢事務所>別工事でも受注謝礼要求 年2000万円(毎日新聞)

立川市 ごみ再資源化へ新装置導入(産経新聞)

 可燃ごみを今後5年間で50%減量する目標を立てている東京都立川市は、ごみを焼却せずに炭素化して再資源化する装置を2月から試験導入する。都内の産業機械メーカーが開発した装置で、二酸化炭素(CO2)やダイオキシン、ばいじんがほとんど発生せず煙突もいらないという。自治体では全国初の導入となる。

 この装置は、電気炉に窒素ガスを充填(じゅうてん)して温度を徐々に上げ、水分や塩素、有機物を熱分解するもので、文京区の産業機械メーカー「EEN」が平成16年に開発した。

 同市環境下水道部によると、可燃ごみに含まれる金属類は酸化せずそのままの形で残り、プラスチック類はA重油相当の油に、その他は炭素となり、それぞれ土壌改良材やエコ燃料などに再利用できるという。

 同市は2月初旬にも、年間約2500トン排出される廃プラスチックの一部を埼玉県入間市にあるEENの工場内にある処理装置で処理し、組成分析などをして、処理工程などに問題がないかどうかチェックする。5月末までに分析結果をまとめ、本格導入する方針だ。

 同市の1人1日当たりの可燃ごみ排出量は709グラム(平成19年度)で多摩地区26市中で最多。さらに、同市若葉町にある清掃工場が老朽化し、昨年末までに移転させる方針だったが、適地が見つからず計画が頓挫した経緯がある。工場周辺の住民には依然、移転を求める声が強いという。

 こうした背景から新装置導入への期待は非常に大きく、同市環境下水道部の担当者は「焼却炉の負担軽減につながり、効率化を図れる上、環境にも優しい。将来的には生ごみなどに処理対象を広げたい。ごみ減量の起爆剤になればいい」と話している。

<追悼の会>石田名香雄さん=元東北大学長 2月7日に(毎日新聞)
マイレージは保護、優待券も有効=ツアーは通常通り-日航更生法申請(時事通信)
<訃報>谷本守さん81歳=元鹿島専務(毎日新聞)
<超高層マンション>地震対策案を作成 住民と東京都中央区(毎日新聞)
「石川容疑者が起訴されないことを望む」…首相(読売新聞)

過去の大物政治家聴取、担当検事は副部長級(読売新聞)

 東京地検特捜部は原則として、任意の事情聴取を東京・霞が関の検察合同庁舎など検察関連施設で行うが、対象が大物政治家や経済人の場合、人目につかないようにホテルなどを使用し、担当検事にも捜査経験が豊富な特捜部の副部長クラスを充てることが多い。

 ロッキード事件では、1976年7月27日早朝に田中角栄元首相が東京都文京区目白台の自宅から東京地検に任意同行を求められ、すぐに逮捕された。取り調べには最初だけ地検トップの高瀬礼二検事正が当たり、その後は石黒久あき(ひさあき)副部長が行った。(「久あき」のあきは「日」へんに「卓」)

 金丸信・元自民党副総裁の脱税事件では、93年3月6日に東京・永田町のホテルで行われた聴取で、熊崎勝彦副部長が金丸氏に「割引債をお持ちですね」「正しく事実を話すべきだ」と迫った。金丸氏は最初は否認したが、その後認める態度に転じ、この日の夕方に東京地検に任意同行。逮捕状が執行された。

 また、日本歯科医師会側から自民党旧橋本派への1億円ヤミ献金事件では、2004年9月、橋本竜太郎元首相、村岡兼造元官房長官らが都内のホテルなどで次々と事情聴取を受けた。政治資金規正法違反で在宅起訴された村岡氏の最初の聴取は、副部長が担当した。

 経済人も、ホテルで聴取されたケースがあり、西武鉄道株の名義偽装事件で、特捜部は05年2月、堤義明・前コクド会長を都内のホテルで事情聴取し、3月に逮捕。この時も、副部長が聴取から起訴まで取り調べを担当した。

 過去のケースと異なり、今回の小沢氏の聴取は事前に日程が明らかになる中で行われる異例の展開となっている。(肩書は事件当時)

駅員寝坊で始発乗れず JR西(産経新聞)
<地震>北海道広尾町で震度2 午前1時26分ごろ(毎日新聞)
過去の大物政治家聴取、担当検事は副部長級(読売新聞)
供述通り山中に遺体 死体遺棄容疑で出頭の男を逮捕 兵庫県警(産経新聞)
<CO中毒事故>パロマ元社長ら無罪主張し結審(毎日新聞)

民主・輿石幹事長代行、「捜査情報リーク対策チーム」設置は見送らず(産経新聞)

 民主党の輿石東(あずま)参院議員会長は21日の記者会見で、鳩山由紀夫首相が、検察捜査を批判する動きが高まっている民主党に冷静な対応を求めたことに対し、「その通りだ。圧力を検察にかけようという意図でやっているわけではない」と述べた。

 ただ、輿石氏は、党の「捜査情報漏えい問題対策チーム」の設置を見送る考えがないことを明らかにした。

【関連記事】
小沢氏、事態沈静化に自信「形式犯なので…」
なりふり構わぬ暴走 検察牽制も見え隠れ
民主党、可視化法案の今国会提出を検討
張り切る輿石幹事長代行 小沢氏擁護に東奔西走
小沢幹事長が輿石代行と会談 党代議士会では笑い声も

<南極>日本が初の各国基地査察へ 廃棄物の適正処理などで(毎日新聞)
<陸山会土地購入>小沢氏が聴取応諾へ(毎日新聞)
助け合い誓う小6「17日のカレー」胸に抱き(読売新聞)
産科補償制度で原因分析を開始(医療介護CBニュース)
自民の予算対案は総額89兆円 子ども手当、戸別補償などカット(産経新聞)

関西元気文化圏賞の大賞に「水都大阪2009」(産経新聞)

 経済界などでつくる実行委が主催する「関西元気文化圏賞」の贈呈式が18日、大阪市内で行われ、昨年夏に同市中之島を中心に実施された「水都大阪2009」が大賞に選ばれた。

 関西元気文化圏賞は、関西から日本を明るく元気にした個人・団体を表彰しており、今年で7回目。

 特別賞には興福寺「国宝阿修羅像」が選ばれたほか、ニューパワー賞には、サントリーホールディングス植物科学研究所(大阪市)▽NPO法人「KOBE鉄人PROJECT」(神戸市)▽阪神なんば線(阪神電気鉄道、大阪市)▽三重県立相可高校食物調理科が選ばれた。

【足利再審】この日もテープ再生始まる 午後からは元検事尋問 第5回公判(産経新聞)
<オーストリア大宮殿展>入場者が20万人突破(毎日新聞)
首相、公邸にこもる=秘書官通じコメント(時事通信)
<小沢幹事長>検察と全面対決 続投で政権にリスク(毎日新聞)
石川議員の同期、「逮捕を考える会」結成(読売新聞)

<名古屋市>予算案で市民公聴会 子育て、福祉に意見相次ぐ(毎日新聞)

 名古屋市は17日、10年度予算の財政局案に対する市民公聴会「パブリックヒアリング」を開いた。子育てや福祉施策の維持・拡充を求める意見が多く出されたのに対し、河村たかし市長は市民税10%減税を反映させた予算案への理解を求めた。市長は、自治における市民寄付の重要性も指摘し、減税実施に合わせ寄付の仕組みづくりに取り組んでいることを明らかにした。

 公聴会には約250人が参加、市の担当者が新規事業を中心に予算案を説明した後、22人が意見を述べた。

 計3時間のうち、最も時間を費やしたのが福祉施策。調査費計上にとどまっている重症心身障害児者施設の早期建設を求める意見や、国の子ども手当実施に伴う市独自の子育て支援手当廃止などへの反対が相次いだ。

 これに対し、市長は支援手当について「子ども手当でカバーされれば、その分をワクチン接種補助の拡充など国のやっていない事業に挑戦したい」と説明。これらとの関連で地域に根ざした福祉にも言及し、そのために税金だけでなく、市民の寄付をベースにした施策を実現させたいとの考えを語った。

 また寄付の集め方について市長は、登録NPO法人などを通じた方法に加え「私はATM(現金自動受払機)がいいと思っている」と述べた。ただ、日本社会では寄付集めは難しい、とその発想を疑問視する声も出た。

 このほか、市民サービス低下への懸念から減税を考え直すよう求める訴えもあったが、市長は終了後、記者団に「大変いい意見が聞けた。これを重要なエッセンスにして査定に入りたい」と話した。

 市は来月初旬、予算案を決定し、2月19日から始まる2月定例議会に提出する。【丸山進、岡崎大輔】

<長崎漁船不明>家族から船体引き揚げ要望(毎日新聞)
<強盗>目出し帽の男が郵便局から500万円 東京・江戸川(毎日新聞)
千葉県警刑事1課長が美少女フィギュア万引き(読売新聞)
ブロードバンド推進協議会に国会議員26人(レスポンス)
<雑記帳>大隈重信が記念貨幣に(毎日新聞)

陸山会「損出る不動産購入」5件、預金担保に融資(読売新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が、2004年10月に東京都世田谷区の土地を購入する以前にも、計5件の不動産を購入する際、預金を担保に借り入れをしていたことがわかった。

 同会は借り入れで得た資金を購入資金に充てたとしているが、預金の資金をそのまま購入に使わなかったことにより、融資の返済で支払った利子が預金の利息を上回り、損が生じていたことになる。この中には、購入資金としている借入金が政治資金収支報告書に記載されていないケースもあり、同会の不動産取引を巡る不自然さが改めて浮かび上がった。

 同会は07年までに都内に9件、岩手県に2件、仙台市に1件の不動産を総額約10億5100万円で取得。大半はマンションの一室で、これまでに4件を売却するなどした。法人格のない政治団体は不動産登記ができないとの理由から、登記簿上の所有者はいずれも小沢氏となっている。

 小沢氏と民主党は06年9月、同会の不動産購入に関する雑誌記事で名誉を傷つけられたとして、発行元の出版社などを東京地裁に提訴(小沢氏側が1、2審とも敗訴し、確定)。この時の訴状などで、小沢氏側はこれらの不動産購入の経緯を明らかにしている。

 訴状などによると、1994年に購入した東京都港区のマンション「元赤坂タワーズ」の一室など5件については、いずれも購入時に預金を担保にし銀行から購入代金とほぼ同額の借り入れをし、それを購入代金に充てたと説明していた。

 ただ、この手法だと、預金で同会が得る利息よりも、融資の返済に伴う利子の支払額が上回ることになり、複数の銀行関係者は「なぜ、こうしたことをするのか理解できない」と指摘する。

 また、同会が99年に購入した東京都港区のマンション「クレアール赤坂」の一室(現在は第三者に売却)では、購入代金の約2400万円について、同会は「99年3月25日に銀行から預金を担保とした2500万円の融資を受けた」としていた。だが、99年分の収支報告書にはこの借入金2500万円は記載されていない。さらに、登記簿には「99年3月4日売買」と記載され、購入原資の融資を受けたとする日より20日以上前の日付になっていた。

 土地代金を政治資金収支報告書に記載していなかった04年10月の世田谷区の土地取引の際にも、陸山会は4億円の定期預金を担保に同額の借り入れをしていたが、この定期預金と融資については、簿外の現金を土地代金に充てたことを隠蔽(いんぺい)する工作だった疑いがあり、東京地検特捜部が調べている。

<人事院>事務総長に吉田氏が就任へ(毎日新聞)
<JR千歳線>線路に破断 1万5000人に影響(毎日新聞)
強盗殺人容疑で男再逮捕へ=マンションで男性殺害-現場に指紋、カメラに姿・警視庁(時事通信)
<石川議員逮捕>「緊急性あった」…地検特捜部長(毎日新聞)
【中医協】勤務医対策、病院側の立場の違いくっきり(医療介護CBニュース)

普天間移設 5月までに解決確信…イノウエ氏、首相と会談(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は15日、首相官邸で、米民主党の重鎮で予算策定に強い影響力を持つ米上院のダニエル・イノウエ歳出委員長と約35分間会談した。首相は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「5月までには必ず結論を出していく。日米両国に理解していただける解決策を出したい」と強調した。イノウエ氏は会談後、記者団に「普天間の問題が5月までに解決すると確信が得られ、勇気づけられた」と語った。

 自民党の谷垣禎一総裁もこの後、党本部でイノウエ氏と会談した。谷垣氏によるとイノウエ氏は「かつてのフィリピンのように『日本から米軍はいらない』という間違ったメッセージが出るとおかしなことになる」と懸念を表明した。キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に移設する現行計画が最も有効だとの認識で一致したという。【西田進一郎、田所柳子】

【関連ニュース】
名護市長選:17日に告示…普天間移設問題に影響
普天間移設:訓練など一部機能を関空に 国民新党が提案へ
共産党:党大会開く 参院選控え独自色の打ち出しへ
日米外相会談:同盟深化の協議開始 普天間移設は平行線
日米外相会談:ヤシの木を背景に共同会見 ハワイ

<くぎ落下>高架下の車直撃、男性けが 名古屋(毎日新聞)
鳩山首相、小沢氏は「二度と出てこないような政治家」(産経新聞)
ドコモ携帯で通信障害=東京、神奈川、埼玉で(時事通信)
民家侵入、警察官の前で放火…近くで11棟火事(読売新聞)
女性、無党派層「鳩山離れ」一気に(読売新聞)

「お騒がせ、率直に遺憾の意」党大会で首相(読売新聞)

 16日の民主党大会での鳩山首相のあいさつの要旨は次の通り。

 我が党所属議員の石川知裕君が、党大会、通常国会を目前に控え、逮捕される異常な事態が発生した。党代表として、この事態にあたり、国民の皆様をお騒がせ申し上げ、ご心配頂いていることに対し、率直に遺憾の意を表明する。

 私の資金管理団体の収支報告書の問題について、報告しなければならない。大変な迷惑と心配をかけた。本件の評価は、国民の皆様方の判断だが、検察捜査で全容は解明され、処分決定で基本的には決着した。昨年末に記者会見を開き、自分なりの説明をした。厳しく反省するところもある。改めるべきを抜本的に改め、私に課された使命の遂行に全力を傾注していく。

雑記帳 ガルシアさんが名古屋市長を表敬(毎日新聞)
岩崎氏ら2人に日本国際賞=新方式のHDD開発など(時事通信)
【揺らぐ沖縄】平野氏「普天間移設先、ゼロベース」(産経新聞)
<掘り出しニュース>ギャンブル場専門のスリ「アブさん」御用 「おれの負け」(毎日新聞)
日米外相会談 米側は重ねて普天間問題で日米合意の履行を要求 日米同盟深化協議で合意(産経新聞)

自衛隊輸送機の活用も=ハイチ支援で北沢防衛相(時事通信)

 北沢俊美防衛相は15日午前の記者会見で、大地震の被害を受けたハイチに救援物資を輸送するため、自衛隊のC130輸送機の活用を検討する考えを示した。北沢氏は「演習でC130が(米国の)アリゾナにいるし、フロリダに日本の救援物資が確保してある。それを活用できるか、早急に(政府の緊急調査チームから)報告を受けて措置したい」と述べた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ハイチ大地震
医療援助求める=日本の支援に謝意
東芝、ハイチ大地震へ総額10万米ドルの支援を決定
市街地、がれきで白っぽく=ハイチ地震、衛星で撮影
ハイチに500万ドル緊急支援=政府

精巧な偽中国100元、国内で発見 記番号以外は「本物」(産経新聞)
橋下知事「大阪府しっかり連携を」 大震災備え大規模訓練(産経新聞)
救急病院の軽症患者から特別料金徴収も 診療報酬改定の骨子(産経新聞)
電子レセプト請求が7割超え―支払基金(医療介護CBニュース)
<都営大江戸線>男性が電車にはねられ死亡 西新宿五丁目駅(毎日新聞)

参院選 民主複数擁立区 小沢氏が分離支援案 A候補は党 B候補は連合(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長が、今夏参院選で同党が複数候補者を擁立する選挙区について、党が責任を持つ候補者と、支持団体の連合が責任を持つ候補者に分けて選挙戦に取り組むよう連合に提案していたことが8日分かった。2人擁立なら1人は党が、もう1人は連合が中心となって支援し、競い合うことで2人当選を目指す戦術だ。ただ、候補者が連合になじむかどうかという問題もあり、連合内では賛否が割れている。

 関係者によると、小沢氏は昨秋、改選数2の選挙区での選挙協力について、連合関係者に対し「2人いる民主候補者のうち、どちらか連合に支援してもらいたい。あとはこっちでやりたい」と述べたという。改選3以上の選挙区も念頭にあるとみられる。

 小沢氏が棲み分け戦術を選んだのは「党と連合が二手に分かれれば責任の所在がはっきりし、双方とも手抜きができない。地盤が盤石でない現職候補の不安も払拭(ふっしょく)できる」(民主党参院議員)との読みがある。

 同党は主に改選2の選挙区で現職に次ぐ2人目の候補者擁立を進めているが、「現職が厳しい戦いを強いられるときに、県連が喜んで候補者の名前を出すのは難しい」(石井一選対委員長)状態で、2人目の選考が遅れている。棲み分けをとれば、候補選定に拍車がかかる可能性もある。

 これに対して連合は「最終的にはこれから詰めていく」(幹部)と述べるにとどめている。内部協議は続いており、最終的な態度は明確になっていない。

 これは、公募などを通じて民主党が選んだ新人候補の政策や人物像が不透明なためで、連合内には、労組を挙げて支援できる人物かどうかを確認する必要があるとの声があり、「新人支援を頼まれ『はい、分かった』とすんなり言うわけにはいかない」(関係者)と、賛否が混在している状態だ。

 同党は16日の党大会で、選挙区候補や追加の比例候補を合わせて第1次公認を発表する予定。連合は、この人選を見極めたうえで最終方針を決める。

電子書籍、iPhoneで読めます モリサワが携帯向け閲覧ソフト(産経新聞)
小沢氏団体土地購入問題 カネの流れ、深まる謎 紙袋の4億、融資の4億(産経新聞)
<首都高>山手トンネルと大橋JCT、3月28日に開通(毎日新聞)
小沢氏の問題、言及せず=首相(時事通信)
【いま、語る関西人国記】関西マルチメディアサービス社長 原格さん(60)(産経新聞)

内閣人事局 局長に国会議員 公務員法改正案 「脱官僚」加速(産経新聞)

 政府が18日召集の通常国会で提出する国家公務員法改正案の概要が11日、明らかになった。公務員制度改革の体制整備を担ってきた「国家公務員制度改革推進本部」を3月末で廃止し、幹部人事を一元管理する新設の「内閣人事局」にそのまま機能を移す。局長には国会議員を充て、公務員制度改革と人事の権限を一手に政治家が握ることにより、「脱官僚依存」を加速させる狙いがある。

 新制度は、内閣人事局が、各省庁の事務次官や局長ら幹部職員の人事に先立ち、「幹部候補者名簿」を作成。これに基づき首相や官房長官、各閣僚が協議した上で任命する構想。これにより省庁横断型の人事ができるようになり、縦割り行政の弊害を排除することが可能となる。

 国家公務員制度改革推進本部は福田康夫政権下の平成20年7月に設置された。仙谷由人国家戦略・行政刷新担当相は昨年12月、日本経団連出身の立花宏事務局長や元総務次官の松田隆利次長ら事務局幹部10人を一斉に更迭し、事務局長は今も不在のままとなっている。同本部職員の大半は新設の内閣人事局に横滑りする見通し。

 一方、麻生太郎前内閣が20年12月に内閣府に設置し、民主党が「天下りバンク」と批判してきた「官民人材交流センター」と「再就職等監視委員会」は3月末で廃止する。これらの組織に代わって4月に「民間人材登用・再就職適正化センター」を新設し、同センター内に「再就職等監視・適正化委員会」を置く。新センターでは組織改廃に伴う退職者の再就職管理や「天下り」の摘発を行う予定となっている。

 政府は4月からの新体制移行を目指し、2月上旬にも国会に提出し、早期の成立を目指す方針。

                   ◇

 ■国家公務員法改正案骨子

・国家公務員制度改革推進本部は廃止し、内閣人事局に機能を移す

・官民人材交流センターと再就職等監視委員会は廃止

・民間人材登用・再就職適正化センターを新設し、同センター内に再就職等監視・適正化委員会を設置

・民間人材登用・再就職適正化センターでは、勧奨退職者に対する再就職斡旋は行わず、組織改廃に伴って生じた退職者の再就職斡旋のみを行う

【関連記事】
国家公務員法改正案の概要判明 改革本部を人事局に統合
官房長官は一人で「いい子」になろうとしているのか?
最高指揮官の敵前逃亡 鳩山氏は「民主党最後の宰相」に
鳩山首相は誰に似ているか? オバマにも盧武鉉にも失礼だ
「官僚支配制限へ首相の決意」 菅財務相起用で米紙

2000年入社同窓
もうすぐ1年秘書奮闘記
うっかりベビーシッター
ジロリアン魂
いつでも、元気な秘書です。

札幌ドーム、今年も婚活シート…昨年100組(読売新聞)

 北海道日本ハムファイターズは、昨年球界で初めて企画して話題を呼んだ札幌ドームの「KONKATSU(婚活)シート」を今年も実施する方針だ。

 婚活シートは、結婚相手を探している男女に野球を観戦してもらいながら親交を深めてもらう目的で、昨年7月11、12日に行われたロッテ戦で初めて導入した。1日につき男女各100人を募集したところ、女性は初日で定員をオーバーする人気ぶりで、急きょ定員を各150人に増やしたが、最終的には2日間で1500人近い応募があったという。

 さらに、9月21~23日に札幌ドームで行われた西武3連戦でも実施。こちらも3日間で約300人の募集に対し、応募が1200人を超える人気ぶりだった。計5日間の婚活シートでは、100組近いカップルが成立した。

 球団担当者は「人気のあった企画は継続し、新しい企画もどんどん取り入れていきたい」と話している。

りゅうぞうのブログ
はじめのブログ
アフィリエイト ホームページ
パチンコ攻略
債務整理

<シー・シェパード>衝突海域で矢を回収 水産庁(毎日新聞)

 反捕鯨団体「シー・シェパード」の抗議船「アディ・ギル(AG)号」と日本の捕鯨船が南極海で衝突した問題で、水産庁が漂流中のAG号の近くで船の備品などとともに4本の矢を回収していたことが分かった。ボーガン(洋弓銃)の矢とみられる。大破したAG号はシー・シェパードの別の船にえい航されていたが、ロープが切れて漂流し油のようなものの流出が確認されている。

【関連ニュース】
シー・シェパード:抗議船、油流し南極海を漂流
調査捕鯨:シー・シェパード抗議船が日本船に衝突、大破
調査捕鯨:シー・シェパードが「日新丸」を妨害
反捕鯨団体:弱酸性の液体投げ妨害 南極海
シー・シェパード:ロープ投げつけなど妨害 捕鯨調査船を

懸賞パラダイス
お魚ランド
即日現金化
自己破産
クレジットカード現金化 比較

押尾容疑者、異変直後通報なら 8割超で救命可能 警視庁推定(産経新聞)

 元俳優の押尾学容疑者(31)による保護責任者遺棄致死事件で、飲食店従業員、田中香織さん=当時(30)=の異変直後に押尾容疑者が119番通報した場合の救命可能性が、少なくとも8割以上あったと警視庁捜査1課が推定していることが5日、捜査関係者への取材で分かった。押尾容疑者が田中さんに「大丈夫か」などと声をかけていたことも判明。捜査1課は田中さんの異変を十分に認識しながら放置したとみて、詳しい経緯を調べている。

 捜査1課の調べでは、田中さんは昨年8月2日、東京都港区の六本木ヒルズの一室で、押尾容疑者と一緒にMDMAを服用した後の午後6時ごろ、気分の不調を訴えるなど異変が始まったとされる。押尾容疑者は「大丈夫か」などと声をかけたが、田中さんは意味不明な言葉を繰り返して錯乱状態に陥り、午後7時ごろに死亡したとみられる。

 捜査1課は、押尾容疑者が異変直後に119番通報した場合の田中さんの救命可能性について、専門家に分析を依頼。専門家は、(1)異変があったとされる午後6時前後の救急車の到着・搬送時間(2)六本木ヒルズ周辺で受け入れ可能な病院(3)同病院で期待できる医療内容-などを総合的に検討し、「女性は十中八九、助かった」との趣旨の結論を出したという。

 捜査1課はこの結論を踏まえ、押尾容疑者の行為と、田中さんの死亡に因果関係が認められると判断。保護責任者遺棄致死容疑での逮捕に踏み切った。

どけちママ
アントラージュ
クレジットカード現金化
携帯ホームページ
現金化口コミ

参院選公認、山崎拓氏が自民総裁と会談へ(読売新聞)

 前回衆院選で落選した自民党の山崎拓・前副総裁(73)は6日、同党の谷垣総裁と東京都内で会談し、夏の参院比例選での自らの公認問題について協議する。

 同党は参院比例選候補の年齢基準を「任期満了日に原則として70歳未満」としており、党内では山崎氏の公認に慎重な見方も強い。山崎氏は周辺に「公認されなければ離党もあり得る」と漏らしており、総裁に公認を強く求める見通しだ。

 次期参院選を巡っては、吉村剛太郎・参院議員(福岡選挙区)(71)が同党の公認から漏れ、候補を新人に差し替えられたことに反発して離党届を提出するなど、離党の動きが広がっている。

 派閥の領袖である山崎氏が離党すれば、同党にとってさらに大きな打撃となりそうだ。

e6guvudfのブログ
日の当たる教室
クレジットカード現金化
アフィリエイト ホームページ
競馬情報

国補助率、19国保組合で上限超す…初の実態(読売新聞)

 厚生労働省は6日、建設業や医師などの自営業者が職能ごとに組織している国民健康保険組合(国保組合)165組合への国の補助金の実態を初めて公表した。

 保険給付費に対する補助率は2007年度で平均40・5%に上り、70%超の組合もあった。

 国保組合への補助は定率32%で、各組合の財政力に応じて上乗せされ、上限は55%。更に「特別な事情」などを考慮した特別調整補助金(総額230億円)が加えられる。特別調整補助金を受けて上限55%を超えていたのは19組合。最も補助率が高かったのは京都府酒販国保組合の70・6%で特別調整補助金が補助の3分の1を占めた。同省国民健康保険課は「前年実績で続けてきた」として、今後は組合の実態に応じて補助を行うように見直す。

 また、18組合は入院医療費(サラリーマンらは3割負担)を独自の保険サービスとして無料にしていた。同課では、この独自サービス分で国の補助金は使われてはいないものの、「国民に疑念を招きかねない」として、是正を求める。

しげみのブログ
まさゆきのブログ
現金化口コミ
ショッピング枠現金化
出会いランキング

来年度税制改正、日医の重点要望は8項目が実現(医療介護CBニュース)

 日本医師会の今村聡常任理事は1月6日の定例記者会見で、政府が昨年末に閣議決定した来年度税制改正大綱に、日医が重点要望していたもののうち、8項目が盛り込まれたと明らかにした。今村常任理事は会見で、1年間をかけて議論することになった医療機関の事業税の非課税措置の存続などについて、実態を示しながら要望を続ける考えを示した。

 日医が昨年8月にまとめた来年度の税制改正に向けた要望は計25項目で、このうち19項目を重点要望していた。重点項目は、勤務医の所得税軽減のほか、たばこ税率の引き上げや、医療法人に対する法人税率(現在は30%)の22%への引き下げなど。

 今村常任理事によると、重点項目のうち実現または一部実現したのは、▽社会保険診療報酬などに対する事業税非課税措置の存続▽たばこ税の税率引き上げ▽周産期医療施設への不動産取得税減免措置の適用期限延長-などの8項目。

 たばこ税率の引き上げについて今村常任理事は、「要望が実現して大変良かった」と述べ、今後も税率引き上げを求める考えを示した。また、周産期医療施設への不動産取得税の減免措置の期限を6年延長し、その間に軽減率を段階的に引き下げることが決まった点については、「軽減率自体は少しずつ減っていくが、(延長が)認められたことは非常によかった」と語った。

 一方、実現しなかった「社会医療法人など公益性のある医療機関への寄付者に対する税制措置」については、「(政府内に)プロジェクトチームを設置して検討されることになったので、今後続けて要望していきたい」とした。


【関連記事】
社会保障関係費が5割以上―来年度予算案を閣議決定
来年度税制改正大綱を閣議決定―政府
事業税非課税廃止なら「地域医療に混乱」-日医見解
勤務医の所得税軽減など重点要望へ―来年度税制改正で日医
社会医療法人病院の非課税など要望

出番待ち
私は看護師、今日も休みなし
ネイルサロン
債務整理無料相談
ショッピング枠現金化

助成金 野党側に重点配分 民主方針 国会審議を活性化(産経新聞)

 民主党は6日、国会改革の一環として、政党助成金や立法事務費などを自民党など野党側に重点配分する方針を固めた。野党の活動を支援することで、国会審議を活性化させるのが狙い。小沢一郎幹事長が主導して検討を進め、18日召集予定の通常国会で関係法改正を目指す。ただ、ライバル自民党を利することになるため、民主党内では小沢氏らの真意をいぶかしむ声が出ている。

 与党は「政治家同士の討議を活発にする」ため、官僚の答弁禁止を柱とする国会審議活性化関連法案の通常国会での成立で合意している。だが、小沢氏はこれで十分とは考えておらず、昨年12月25日には「野党が主導権を持つ仕組みに変えたい」と語っている。

 小沢氏周辺によると、民主党が野党のころからの小沢氏の考えだったが、野党時代には民主党主導の法改正は困難だった。民主党が与党になり、今この改革を断行すれば「敵」である自民党に塩を送ることになるが、持論を貫く構えだという。

 周辺は「先の衆院選で民主党が勝ちすぎたため、小沢氏は『健全な二大政党になっていない』と思っている」と指摘する。

 具体的な制度設計はこれからだが、まず立法事務費の見直しを検討する見通し。立法事務費は、立法に関する調査研究のために各会派に対し、議員1人当たり月額65万円で算定して支給されている。衆参合わせて民主系会派に年間約33億円が渡る一方、自民系会派は約16億円にとどまる。

 政党助成金は政党に支給され、所属議員数や得票率に応じて配分される。平成22年の民主党への配分額は約173億円、自民党は約104億円。

 ただ、野党への重点配分は、陳情を民主党幹事長室経由に限るなど自民党つぶしを進めてきたといわれる小沢氏のこれまでの行動と矛盾するようにも見え、民主党内では、「小沢さんの真意がよく分からない」(幹部)と、戸惑いも広がっている。別の幹部からは「自民党に国会改革など別の案件をのませる交換条件ではないか」との見方も出ている。

とものブログ
家系ラーメンのルーツを探る
ネイルサロン
2ショットチャット
クレジットカード現金化 比較
プロフィール

ミスターとしおよねむら

Author:ミスターとしおよねむら
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。